湘南エクレシアキリスト教会へようこそ

スタッフ紹介

主任牧師であるティム・ヒューバーは、1954年に生まれ、ブラジル北部において宣教師である両親に育てられました。

1987年にプロジェクト・アマゾン宣教団体により日本へ宣教師として送り出されました。

彼は英語、ポルトガル語、日本語の3ヶ国語を話します。

1997年、ティムはプロジェクト・アマゾンの宣教師であるクリスティーンと結婚しました。

ティムとクリスティーンは子供たちと遠く離れてはいますが、6人の孫にも恵まれています。

クリスティーンは、アリゾナ州にあるインディアン・アパッチ族指定区で宣教師の両親に育てられました。

ティムとクリスティーンは、試練の時や、神を人生の一番におくと決心した日本人に神が与えられる真の喜びと自由を通して、神の誠実さに非常に驚いています。

彼らは神の愛を日本に、そして世界の国々に広げるため、日本人のクリスチャンたちと共に働くことを喜びとしています。

青木靖(ヤス)副牧師は1967年に生まれ、 静岡県伊東市で育ち、東京農業大学で林業を専攻・修了しました。

敦子(アビ)夫人は1968年に生まれ、 神奈川県藤沢市で育ち、大学で社会学を専攻しました。
彼らは1993年に結婚し、現在2人のかわいい娘に恵まれています。

彼らの娘たちがまだ小さいとき、ヤスは 仕事を辞め、家族でオーストラリアのタスマニアに英語を学ぶために移り住みました。

タスマニアでは、クリスチャンたちが彼らに神の愛を示し、困難な葛藤の末、ヤスはイエスに信仰を導かれました。

アビもまた彼女の全人生を神にささげる決心をしました。

神は彼ら家族を愛のあふれるクリスチャン・ホームへと変えられ、彼らは後にWEC Worldview Center for Intercultural Studiesで聖書学校に通いました。

現在、子供や障害者を助け、非常に実践的な方法で聖書を教え、人々に人生の100%を神に仕えることに捧げるようチャレンジを与えることに彼の全ての情熱を注いでいます。

彼らのゴールは彼らの子供たちが主を愛し主に従うよう育て、他の親たちも同じようにできるよう助けることです。

彼らは日本の子供たちと、イエス・キリストにおける永遠の命を日本人が見つけることができるよう助けることにあつい情熱をもっています。

碓井修司&由希子は、登戸エクレシアキリスト教会で知り合い、共にスモールグループや賛美の奉仕の中で関係を深めました。

2000年に結婚し、湘南は藤沢市に住むようになりました。
現在は2人の子どもが与えられています。

2003年より家庭伝道集会を持ち始め、翌2004年には「湘南エクレシアキリスト教会」として、自宅で月に一度の礼拝を持つようになりました。

2007年に、それまで住んでいた湘南台から引越し、湘南大庭地区(湘南ライフタウン)に家を構え、そこを教会堂として現在当教会のディレクターとして働いています。

私達は、開拓教会です。新しく、つくりあげられていく無限の可能性を神様にいただいている教会です!
あなたも私達の一員になりませんか?
特に、セレブレイト・リカバリー、開拓、伝道に興味がある方、大歓迎です。
教会をお探し中の方、まだ神様のことがよくわからない方、老若男女どなたでも!
まずは、私達にご一報ください!!お待ちしています。