湘南エクレシアキリスト教会へようこそ

教会紹介

私たち、湘南エクレシアキリスト教会は、ティム・ヒューバーを牧師とし、神の言葉である聖書の教えに忠実なプロテスタントの教会です。

米国の”Apostlic Christian Church”教団と、その教団と関係を持つ、”PAZキリスト宣教団”(PAZ JAPAN)に所属しています。

”PAZ”は超教派で、他のプロテスタント教団の宣教師とも一緒に海外宣教を行っています。

日本に於いては、1989年9月、宗教法人、グレースフェローシップジャパン川崎支部としてスタートし、登戸エクレシアキリスト教会が生まれました。

湘南エクレシアキリスト教会は、2002年5月にこの登戸エクレシアキリスト教会からの開拓教会として始まりました。

牧師より皆さんへ 

湘南エクレシアキリスト教会は、登戸エクレシアキリスト教会(川崎市多摩区登戸3209)からの開拓教会です。

「エクレシア」という言葉は、新約聖書の原 語であるギリシア語で「クリスチャンの共同体(教会)」という意味で使われています。

私たちは、神の家族として、聖書が目指している”教会”に近づきたい 想いから「エクレシア」という名前を使っています。

イエス・キリストは、地上で過ごした3年間に”聖書の愛の教え”を完全に実行しました。

イエス様は創造主なる神と、人を愛することは、聖書のすべての教 えのまとめだと言われました。

「真の神を知り、神の家族と共に成長し、真の神を知らせること」が、その理念です。

つまり全能の神、神の家族、そして全ての人を愛することです。「聖書は愛の書」なのです。

天の神様の”無条件の愛”を深く体験し、聖書に基づいている私たちの「共同体:に参加しませんか?

あなたの参加を、心よりお待ちしております。

主任牧師 ティム・ヒューバー

 

ディレクターより皆さんへ  

「こーんな教会めったにない!?」

私達の教会は、「キリストにある自由」を満喫しています。

何より、教会堂は、碓井ディレクターの自宅!生活感たっぷりの、いわゆるフツーのおうちです。

礼拝や勉強会など、集会のあるときには、皆さんインターホンなど押さず、そのまま玄関から入って来られます。

玄関開けたらいきなりお部屋!そこは、みんなが集うオープンな場所です。

礼拝の後の食事は、暖かい日なら広いウッドデッキで。
気分によっては突然七厘でバーベキューになっちゃうことも!のんびり、まったりの時間。
子ども達とかくれんぼをしたり、カードゲームをしたり、外で遊んだり。

私達は、「セレブレイトリカバリー(回復を喜ぼう)」を教会活動の中心にしています。
いつでも正直に語り合い、人が自分を、または他人を変えようとするのでなく、共に祈って、主により頼むことを学んでいます。

教会でセレブレイトリカバリーをはじめたのは2010年半ば頃からですが、そこからの私達の成長は、それまでの数年間とは比べ物にならないと思います。

ひたすら主の御言葉に従い、主の素晴らしさを人々に紹介し、一緒に歩んで生きたいと、心から願っています。

私達の願いは、人々が、生まれてこのかた身につけてきてしまった、心の傷や悪習慣から解放されて、神様が造ってくださった本来の自由な存在へと回復し、世の中へ出ていくことです。

開拓教会で、人数も少なく、未熟な点も多いに違いありません。

けれども、その私達の中心におられる神様は、完璧なお方です!
神様こそが、私達の未熟ささえも活かしてくださっています。

お茶のみ話でもするような気持ちで、どうぞ、気楽にお越し下さい。
私達が、生かされているこの喜びを、一緒に分かち合いましょう!