湘南エクレシアキリスト教会へようこそ

報告 いわき市震災支援報告会 2011.7.16(土)

7/16(土)に、いわき市への震災支援報告会が行われました。

隊長のヤス副牧師と、参加した教会メンバーが、現地での写真を見せながら、その体験を話してくれました。

悲しく辛い震災という体験の中に、神様の愛の御手が差し伸ばされていることを感じました。

いわきの方々の今の思いは、「とにかく、この震災のことを忘れてほしくないということ」なのだ、とのことでした。

地震直後には、ここ湘南でも随分生活に不便がありましたし、毎日緊急地震速報におびえていました。

けれども、日が経ち、余震も減り、生活が落ち着いてくるにしたがって、私たちは少しずつこの大きな痛手を忘れていってしまいます。

しかし、それでも、被災地の方々は、まだまだ苦しい生活を送っているし、なかなか癒えない大きな心の傷を負っているのです。

私たちは忘れてはいけません。私たちに大きな傷をもたらしたこの大震災を。今でも戦い続けている人々がいることを。助けを必要としている人々がそこに大勢いることを。